普通の幸せを出来るだけ多くのワン、ニャンに届けてあげたい、そんな願いを込めた預かりワンコ達との足跡です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年01月23日 (日) | 編集 |
ダルラムです

ティアラ君、術後の痛みにも懸命に耐えてるのかな・・?

当たり前に頑張ってるであろう彼に、『頑張って!!』なんて、軽はずみな言葉はかけれないですけれども・・。

とにかくなるべく早く身体の痛みから解放出来るといいね


<以下転載です。>

img_911840_32868850_0.jpg

           1月22日 手術終了の翌日です。
ティアラは、病院内の入院部屋でお見舞いに来たhonamiの顔をじっと見ておりました。

大きな手術でしたから、痛みもかなり出ると思います。

現在のティアラの姿を見せて下さいました。下半身の毛は剃りおとされております

img_911840_32868850_1.jpg

尻尾・・・・一生懸命に飼い主へ愛情を示すはずのティアラの尻尾は、根元から断尾されました

img_911840_32868850_2.jpg

           こちらが手術前の、骨盤です。
下記がプレートを入れた後の写真ですが、そのプレートv部分が、今後放置しておりますと

自然に完治を行った場合に筋肉が巻きティアラの老後の排便困難をきたす
事になりますので、プレートを入れ幅を固定し筋肉がこの先ついた時に無理なく修復できる

様にこの様な手術を致しました。
img_911840_32868850_3.jpg

最後に睾丸摘出手術も行っております。

ティアラが、こんな大きな手術を乗り越える事が出来たのも皆様の陰ながらの応援が

ティアラに届いたようにも思います。


はっきり言って、私共がティアラを保護した地点で戸惑いばかりでした。

下半身不随と言われたはずが、夜中に這いずりだしそして、獣医へ行けば重傷を負っている事が

判明し、時期的にも年末年始の忙しい時期と緊急で巡る獣医様の見解やそして

一刻も早く手術を行ったほうが良いと言われながらも、これだけ人に懐くティアラを探す飼い主へ

も連絡を入れたい!手術は、全身麻酔を行い小さなティアラが耐えきれなかった時・・・

探している飼い主様へ勝手に行動を起こした事にどの様に詫びたら良いのだろうか?


そして、その手術に関しての莫大な費用は、どの様にすればいいのだろうか

このまま自然にティアラの生命力に掛けるのか?

悩みながらも、ティアラの最も信頼しもっともこの子を愛して下さった飼い主を探し出すのが

私達に出来る事だと思ったのです。

日々、自力で回復をしていくティアラ・・・足を引きずり歩きだします。

この時は、私たちも嬉しくて犬の回復力の凄さに目を疑ったほどでしたが・・・・

これは、砕けた骨盤や大腿骨そして根元から神経が無くなった尾は、

外見で見ているほど、安心できる事ではなかったと言った事が、獣医をめぐり解った事でした。


しかし、ティアラをこの様な事故に遭わせてしまったのも車で跳ねて放置した人間であり

手術時の医者の話からお尻付近から強い衝撃を受けた怪我・・・であることが判明

ブログで行っていた飼い主探し、それを見て下さった支援者様が、まずはティアラの

今後の事もあり、手術を受けさせてあげて欲しいと申し出がありました。

多額の費用をまずは、全額立て替えて下さると耳を疑い何度も聞き返しました

ブログで見かけた犬ですよ?

ですが、ティアラには時間がありません。お言葉に甘え昨日の手術へとティアラは

強運を掴みました。

支援者様には、多額の費用を出して頂きそして皆様方がティアラを少しでも救ってほしい

と寄付のお話があります。少しの返金しかできないですが、今後また同様のケースが出た

時に、手を貸してあげて欲しい・・・全額をティアラに使わなくとも皆様方の温かい支援金も

再度、お返しして同じような基金が集まる前に手術が必要な場合に・・・・と申し出ました

しかし、ティアラの以前の飼い主からのコンタクトは、ありません。

集まった情報の中に、ティアラに似た子が昨年の10月から隣町で放浪していた。

同じ資材置き場で身動きする事もせず、じっと飼い主が迎えに来てくれるのを持っていた

のではないかと言った目撃情報だけが入ってまいりました。


いろんな経緯がありました。現在ティアラがこのように無事に手術を迎えられた事

そして、ブログ:ネット社会で非難ではなく、皆様方の温かいご支援でそして応援で

ティアラは、今後の生きる為の運をつかむ事が出来た事

ティアラだけではなく、私共も勇気と希望を頂く事が出来ました。ティアラ共々お礼を申します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寄付に関しましては、現在支援者【総額支払者】様の口座を開示して頂く事が

可能になりました。

こちらに関しましては、新規口座が整い次第記載をさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ティアラは、1週間から10日程は入院を致します。手術終了後痛みと戦わなければなりません

退院後、ひきつった体を今後の新たなる生活の為に必死でリハビリをする事になります。

回復するまで、honamiが責任を持って皆様にティアラの姿と回復を報告いたします。

ご協力、そして応援をありがとうございます。またこれからの頑張るティアラも宜しくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今現在、破棄される犬の数は莫大なものです。

人間界では、親が子を子が親をそして家族で・・・殺し合いが多い毎日です。

犬の事など構ってられないと思う方も見えますでしょが、もし心のゆとりがあった時に

犬を購入してしまったが、今は生活が一杯で自分達が生きるのが精いっぱい

それも、仕方がない現実ですがどうか!動物を捨てる前に再度新たなる飼い主へ託す

努力を行ってあげて下さい



<以上、犬とその同居人 より転載です>


ワンコにとって、尻尾は自分の感情を表す大事な身体の一部なはず・・・。

寄せられた情報のワンコがティアラちゃんだったとしても違ったとしても、何か月前までは彼の尻尾はダックスならではの素敵な毛並みで、ピンッと立て彼の感情を表していたのでしょう・・。


私は『飼い主』と言う言葉を使うの本当は好きではありません。
でも、文章上、ママやお母さん(お父さん)などと書くと誤解を招くといけないのであくまでこの場では文章として飼い主という言葉を書かせて頂きます。

少なくとも前の飼い主は、その尻尾の動きを見て、嬉しい、楽しい、凹み、警戒、威嚇・・など彼の気持ちを見てきたはずです・・。
自分の姿を見てワンコがブンブン尻尾を振ってくれた時、ほとんどの飼い主は幸せを感じるものではないでしょうか・・・? ブンブン振って笑顔でこちらを見てる時、抱きしめたい衝動にかられる事がほとんどではないでしょうか・・。
私は、飼い主と呼ばれる皆がそうであると信じたい・・・。
でも・・現実は違うんです・・。
皆がそうであるならばすでに私の様な、小さな小さな力のボランティアなんて存在しなくていいんです・・・。

現実そんな日本でないから、各ボランティアさん達は皆様全国各地で奮闘されてるんですよね・・。

話がずれてしまいましたが、そんなワンコにとって大事な尻尾をティアラ君は失う事になってしまったのです・・。
人間で言えば・・顔面が動かなくなった・・・のっぺらぼうになった様なもんではないでしょうか・・?

もしかしたら、前の飼い主はまだこの事実を知らないのかもしれない・・・いや・・こんなに時間がたってるんです・・・。
必死で探してるのなら、何とか情報が入るでしょう・・。
もう探す気がないのだな・・・そう考えて自然でしょう・・。

前飼い主さん、ご自分のした事を、忘れないで下さい。

これからティアラ君は新たな犬生を送ります。

もっともっと幸せになるんです。

きっと前飼い主さんにはこんなに沢山の方が心配してくれる事なんてないでしょうね・・。

でも、ティアラ君は同居人様、honami様、支援者様を筆頭に沢山の皆さまの思いに守られて立ち上がります。



このブログを読んで下さっている皆様・・長くなって申し訳ありません。
また、乱文お許し下さい。

これからも、ティアラ君の応援をよろしくお願いします・・・。





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ティアラちゃん
お疲れ様です。
手術が無事終わり良かったですね。
こんなに可愛い子なのに飼い主は現われないんですね。
捨て犬保護でいつも思うのは、捨てるのならなぜ飼うの?
そんな人がこの世で普通に生活していることが信じられません。ティアラちゃん助かってよかった。
2011/01/24(月) 05:51:28 | URL | しまわん #9XMijjhY[ 編集]
Re: しまわん 様
お疲れ様です。

ティアラちゃん、本当に良かったです。

でも時間が経つにつれ、飼い主が探してないんじゃないか・・って疑ってしまいます・・。
よっぽど社会の情報に長けてない人なのか・・いくらネットの無い状況でも必死で探してるとすれば何らかの情報が入る気がするんです・・。だとすると、やっぱり故意的に捨てたか・・。

そうゆう風に考えながら書いてると、ついつい走っちゃって・・・。どうしても許せなくて・・。
いかんですな・・。

あ、お仕事退職なさったって・・。
お疲れ様でした。
これからはお家のワンちゃん達のそばにずっと居てあげれるんですよね。
それが一番!!

コメント、有難うございました。



2011/01/24(月) 14:03:02 | URL | ダルラム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。