普通の幸せを出来るだけ多くのワン、ニャンに届けてあげたい、そんな願いを込めた預かりワンコ達との足跡です。
2011年02月01日 (火) | 編集 |
ダルラムです

ティアラ君、無事退院できたようですよ

読んでみてくださいね。



<以下、転載です>

    皆様方から、温かい応援を頂いておりますティアラ君が無事昨日退院いたしました

img_911840_32903151_0.jpg


ホナミからの報告

今 帰りました。 本人 家に帰るなり、ニオイチェックをし、他の子からご挨拶にをされ当然いやがり(笑)今は自分

からサークルの中です。 もう歩いております。前より踏ん張りがきくようで、しっかりとしてる。

部屋の中でフリーにするのは許されていますが、お散歩は禁止。中に押し込まれていた骨をプレートでつないだの

で胴が伸びたような感じがします。前より今の方が自然です。前は後ろからギュッと押したみたいな体だったか

ら。

とりあえず報告です。またしっかり様子みます


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在は、抗生剤を投与しております。また、これからはリハビリに入ります。心配しておりました排便も昨晩コロ

コロの良い便をしたとの報告あり保護当時は、潰れて尻尾に引きずるようなものでした
img_911840_32903151_1.jpg尾尻は、この様に短くなりました

img_911840_32903151_2.jpg 骨盤の施術後です
プレートを入れたので湾曲しておりました胴が、通常に戻りました

img_911840_32903151_3.jpg5日に1度今後は、獣医への検

様子を見ながらの対応になります。

今回のティアラは、本当に運に恵まれ皆様方の応援とそして温かく見守って下さった

結果、1頭の命が救われました。

私へメールや電話を下さった方々もおります。

ティアラが、ある程度完治いたしますまで、ホナミはティアラの世話に掛ります

今後も、質問や意見等は当方の電話もしくはメールにても直接聞きたい

と思われる方の対応を致します。

今までのメールや電話でのご意見は下記です

同じ活動をなさっている方々からは、励みになった

同犬種を飼育している方では、もし自分の子が迷子の場合を考えると今回のように
ブログで広がっていく情報に感謝しております。

厳しい意見と致しましては・・・・・・

1頭を救ってもどうにもならない!全ての同じ状態の犬を今後も責任を持って保護しろ

もっと可哀そうな犬が居るのに、どうしてこの犬だけ助けるのか

自分達で責任を持ってお金を工面して保護活動をしろ。他人にお願いをするな

自分達で出来ない事をやるな

個人での寄付集めは、最低な行為だ

手厳しい意見もありました。ある程度の返答はさせて頂いております。

今回のティアラのように多額の資金が必要な場合、それを放置してしまうのか

また、これが健康体の若い犬でしたら私共も今回のような動きはせず

新たなる飼い主探しを行う作業を通常致すところです。

現実、救われる命の中には人間【保護者】の今後この犬が、新たなる飼い主へ

迎えられる犬である事が前提となる保護を重視致します。

年齢的なもの、扱いやすい個体、健康的な外見

しかし、障害がある、怪我をしている、老犬、若すぎて大きな個体と言った

犬達は、今後長引く飼い主探しと掛る費用を考えますと選択枠の中から

外されてしまう現実・・・・・

どの犬にも罪もなく平等に本来命を全うして貰いたいですが、数が多すぎます

ティアラのように、強運を掴む犬は少ないのです。

愛犬をどうぞご自愛くださいませ。そして飼い主から離さぬよう離れぬよういつも

愛犬を見守り暮らして行く事をティアラの今回の件で再度考えて下さい

皆様方の温かいご支援と応援に感謝とお礼を申し上げます

※今回の支援金に関しましては、2月中旬に1度細井様より口座のコピーを

頂きご報告をさせて頂きます。


<以上、犬とその同居人 より転載です。>




皆様・・。

この記事を書いている同居人様の奥深い所にあるお気持ちを・・どうかお察し頂けますようお願い致します。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック