普通の幸せを出来るだけ多くのワン、ニャンに届けてあげたい、そんな願いを込めた預かりワンコ達との足跡です。
2015年11月19日 (木) | 編集 |
ダルママでっす

随分ご無沙汰してます…(´▽`;)ゞ

最近も、関東の方で、猫が傷つけられて殺されたり、鴨に矢が刺さってるって報道があったら実はでっかいネジだったり(矢でもあかんけどもね。)…嫌なニュースが耳に入ってきますが、今日はちょっとほのぼの素敵なお話を紹介したいと思うのです

ダルママの大先輩のボラさんの保護ワンちゃん、ちょっと脳に異常があり発作持ちの子。(保護っ子になってから何年も経ってます。)

発作があるので、普段リードをしておけないんだそうです。(首が締まる恐れがあるから。)
先日ほんのちょっとの隙に、お家から出てしまい、迷子に…。
アチコチ捜して捜して…、普段は発作持ちでヨタヨタ歩きだから、そう遠くへは行けないだろうと近所を捜し廻って、保健所に連絡したらまさに今通報があって迎えに行ってるところだと。

大先輩も大喜びで飛んで迎えに行きましたとさ。

そして、保護時の話を聞いてみたら…
何と何と海に溺れてたそうなんです。
そして、それを見た知柄漁港と言うところのどなたかが、この11月の寒い海に飛び込んで助けてくれたんだそうです。
飛び込んでくれたご本人は知らないでしょうが、発作持ちのワンコ。
溺れてパニックになり噛みつくかもしれない危険も無きにしもあらず…
(まぁ、知らぬが仏で、ご本人様は無我夢中だったのでしょうが…。)
海から助けだし、そこにいた皆さんとタオルで体を拭いてくれ、車のヒーターをつけ続け、ワンコの身体を温めて保健所の迎えを待っていてくれたそうです。

大先輩は、お礼がしたいから。
と、保健所の職員さんに名前を聞き出そうとしましたが、相手の方は
気持ちだけで…
と、言ってくれてるそうなんです。
(職員さんの話より。)

動物達への辛いニュースが相継ぐ中、この保護ワンちゃんは本当に素敵な方に出逢えたと、私も含め、関係者は感激しております。


この、大先輩達ってダルママのおかんより歳上の方も。(歳の話は怒るかもしれないですが…(´▽`;)ゞ)
もう、何十年もこの活動をされて、色んな経験もされてます。
その中で今回の件は、本当に嬉しい出来事だったと思うんです。
まだまだ、捨てたもんじゃないねぇ。
と、言ってました(^ー^)

知柄漁港の皆様、本当に有り難うございましたm(__)m


話は変わりますが、大物芸人兄弟…きよし君がまだ良縁に恵まれず、ダルママん家で暇をもて余しております(笑)






とーっても、無邪気な元気坊主です(笑)

素敵なご縁をお待ちしております~~!( ̄- ̄)ゞ

(譲渡には条件があります。詳細はあにまるあいずさんのHPをご覧下さい)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック