普通の幸せを出来るだけ多くのワン、ニャンに届けてあげたい、そんな願いを込めた預かりワンコ達との足跡です。
2011年01月01日 (土) | 編集 |
20110101180533b7f.jpg

いまだ飼い主様を、見つけ出すことができません。

皆様に年末より転載をお願いしております。

センターに収容中以前に事故を起こしていたので、骨折中の骨が原形のままくっつきそうです

痛みも和らいできたらしく、排便へ自ら動き出します。

ここ2~3日中に手術を行わなければ、今後老犬になったときには、車いす生活を余儀なくする事

になると思います。

支援のお電話が、数件掛ってまいりました。今現在の状況下では、気の毒で

少しでも、歩けるようになれば手術をしてほしい・・・・・・・・・・・

自宅に先住犬が居るので預かれないが、寄付だけでもしたい・・・・・

しかし、余りにも多額な手術代金に現在預かり様も、悩んでおります。

手術後のケア・・・・

そこで、皆様方のご意見もお聞かせください

①専用サイトを作り支援を集める(緊急で時間がありません)

②犬の自然完治に任せ、老犬時の排便困難を承知でこのまま成り行きを見る

私も、今回のようなことが初めてですので、どう対応してよいのか解りません。

知人も悩んでおり、皆様のご意見やこのダックスの今後を考えてどの様な行動を私どもが

取ればいいのか?ご伝授願えませんでしょうか

あまり時間がありません。よろしくお願いいたします。



<以上、転載記事です。>

犬とその同居人

皆さま、どうかお力添えをお願いします。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック