普通の幸せを出来るだけ多くのワン、ニャンに届けてあげたい、そんな願いを込めた預かりワンコ達との足跡です。
2011年01月14日 (金) | 編集 |
ダルラムです

以前から転載しているダックスのティアラちゃんに少し変化が出てきました。

高額な手術をする方向に向かうそうです・・。

皆さまご支援の程、よろしくお願いします・・。


<以下転載記事です。>

img_911840_32833464_0.jpg

本日、手術の相談とCTの結果を受けました獣医とは別の同時進行で行っておりました

麻布大学の先生が来て下さる獣医へティアラを見せに行きました。


こちらは、同時進行を行う断尾をしたほうが良いと話して下さった先生も、同意の上です

さて・・・関東から着て下さった先生は、ティアラを見て断尾については、同意見です

しかし・・・骨盤に関しては、手術を行ったほうがいいとの見解です

これは、粉砕した骨盤がそのまま固定されるとティアラの老後に排便が出来なくなる

骨盤が折れた部分が、排便行為を妨げるので至急手術を行いたいとの話です。

一度は、そのままの回復にと期待をしましたが・・・・・・・

やはり、手術をしたほうがと言うよりしなければ、この子の老後が大問題となります。

保護主(預かり)さんも、断尾もやはりどの先生も同じ意見・・・・と尾が無くなるショック

骨盤も安心したんですが、やはり手術が必要だから、ティアラが可哀そうと泣き声でした

犬は自力で回復作業を行っておりますが、折れた骨が邪魔をして今後の生活に無理になるなら

小さな体のティアラに再度全身麻酔をかけ手術を行うしかありません。


皆様へご報告いたしております記事も診断する獣医師によってこの様なお話になります

ティアラは、本日肛門から指を入れてその骨の筋肉のまき具合【固定の硬さ】を調べ

2週間以内なら、まだ間に合うと診断を受けました。

以前では、ご寄付のお申し出をお断りしておりましたが、今回やはり金額的な問題も多く

1名の支援者に全額負担も心苦しいので、少しでも1コインでもありがたくお申し出を

受けようとしております。

手術の金額が、決まり次第支援募金箱をどの様に致すかも、また記事に記載いたします

皆様方の温かいご協力で、かなりの人へ目にとまり飼い主様に届いているのか・・・・・

お迎えに来れない理由なのか?は存じませんが、ティアラが少しでも元の健康な姿に

近い状態へ戻れるよう、私どもも努力いたします。


<以上、犬とその同居人 より転載です。>


飼い主さん・・・ネットなどをご覧になってませんか?

ご近所の方、見覚えある方・・いらっしゃいませんか?

ティアラちゃん、頑張ってます。

どうか、見つけてあげて下さい・・・。


皆さま、転載等ご協力お願いします。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック